So-net無料ブログ作成

Xperia ray(SO-03C)の延命 [デジタルデバイス]

去年の3月に安売りしていたXperia ray(SO-03C)を買い増し、通信専用としてIIJmio回線(980円)で運用している。
外出時に使うのはメール・運行情報・天気程度であるため、128k(現在200k)でも特に問題ないが、バッテリの持ちが異常に悪い。どうもセルスタンバイ問題といってMVNO環境下ではメジャーな問題のようだ。
詳しくは↓にあるように通話側が常に圏外になるためで、これを解決するにはrootを取らないとバッチが当てられない。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/487

ちなみに3G回線下でデフォルトのブラウザを使うとき、「ネットワークに接続していません」と出るのも同じ要因とのこと。
またOffline Browserというアプリを使って自宅でのWifi内からダウンロードして読んでるが、3G回線で続きなどをダウンロードさせようとしても「No Network Available」と出て何もできないのも同じだと思われる。

それでもしばらく使ってたが、2012年11月のアップデートでGoole+が勝手にインストールされ、容量不足になったので、root化した。

参考にしたのは以下のサイト。敬称略。
arkdroid(ダウングレード、root化)
http://arkdroid.info/xperia002/
ブローヴちゃん(セルスタンバイ問題)
http://bl.oov.ch/2012/01/android-sim.html

作業の流れは「ダウングレード」→「root化」→「セルスタンバイバッチ」になる。

まず、4.0.1.C.1.9へダウングレードする。

ダウングレード1回目。
・FlashToolsでデバイス関連で失敗

SEUSでアップデートかけた後、ダウングレード2回目。
・ ドライバが入ったらしくFlashToolsが動作。
・3分くらいで終了

次にroot化

DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip
でroot化

1回目
adb用のドライバをスキップしたため、デバイスが見つからずに失敗
メッセージ:daemon not running
Windowsのドライバ検索でインストールすることで解決

2回目
ドライバをインストールするものの、
メッセージ:WAITING FOR DEVICE
で進まない。
Windowsの再起動でroot化完了

ダウングレード、root化はツール群、ドライバが全部揃っていれば30分で終わる。


次にセルスタンバイのバッチを当てる。

準備としてバッチ以外にもAndroid SDKとJavaをインストールする。
対策バッチではmount処理などは行わないので、
mount -o remount,rw -t yaffs2 /dev/block/mtdblock2 /system
とやってマウントする。

ここでセルスタンバイのバッチを当てて終了。
ただし、adb pushに失敗したため、framework.jarをSDカード→ESファイルエクスプローラで手動コピーして作業完了。

ただし、4.0.1.C.1.21に更新するとrootが塞がれてしまうので注意。とあったが、4.0.1.C.1.31では直ちに更新すれば大丈夫らしいとのこと。
http://kuro-kiri54.way-nifty.com/blog/2012/11/xperia-rayso-03.html

そこで更新してみるもrootが塞がれてしまう。セルスタンバイのパッチを当てたのが原因かは不明。
初期化し、再度ダウングレード・root化してそのまま4.0.1.C.1.31に更新することで、今度はrootは塞がれずに済んだ。

ちなみにXperia rayのビルド番号は以下の通り。
4.0.D.2.61 (出荷時)
4.0.1.C.1.9 (2011年11月7日)
4.0.1.C.1.21 (2012年3月28日)
4.0.1.C.1.31 (2012年11月6日)

セルスタンバイの解決後に色々設定して、しばらく使ってみると確かに端末情報→電池使用量でのセルスタンバイの表示が少なくなっている。ただ使ってもないギャラリーがバッテリーを食い潰しており、以前よりひどくなっている。これはau one mailをGmailから見れるように設定しているため、auのアカウントでPicasaと同期を取ろうとしているのが原因だった。同期の設定でメール以外の同期を止めることで解決した。

その後はセルスタンバイバッチを当てる前は大して使わなくても1日で半分以上減っていたのが、同じような使い方では20~30%程度しか減らなくなった。


最後にデータの大掃除。


普通に消せるアプリ
ソニエリ製
media remote :ネットワーク越しにテレビなどを操作、Sony製限定
mora touch :音楽配信
life.episode : エンターテインメント用ブラウザ 2012年11月30日(金)終了
キャンペーンナビ

ドコモ製
BOOKストア 2Dfacto : 電子書籍販売
BeeTV : ドコモ+エイベックスの動画配信
電話帳バックアップ : SP用サービス
ecoモード
書籍・コミック E★エブリスタ : DeNAとNTTドコモの小説・コミック等の投稿コミュニティ
iチャネル : プッシュ型配信
イネスシークレット : トータルビューティープログラム
声の宅配便
地図アプリ : 有料地図サービス
メロディコール
SPモードメール : @docomo.ne.jp用
トルカ : rayはおサイフケータイ非対応

その他
Evernote Launcher
Gガイド番組表 : ワンセグ非対応+レグザは関係ない
Mobage
楽天オークション
Twitter
Twonky : DLNA/DTCP-IPのクライアント

ここまでで約18M削減。
一応、ドコモ海外利用とVirus Scanは残した。

次にrootを取らないと消せないのをTitanium Buckupで凍結→様子見→削除するのだけど、その前にアプリの一覧で表示される中で、消したいアプリと用途を調べた。

ソニエリ製
SE Store ソニエリグッズ用のオンラインストア
Sony Ericsson Timescape コミュニケーション履歴
Connected devices:Wi-Fi経由で接続されたSony製レコーダとのやりとり
LiveWareマネージャ : イヤホンジャックなどのコネクタに接続したときの動作設定
PlayNow:ソニエリのニュース速報や天気などの配信
APPNAVI:ソニエリのアプリ紹介
Video Unlimited:ビデオ配信サービスのクライアント
TrackID:流れてる音楽をマイクを使って検索
取扱説明書
play on device:ブラビアへの表示

ドコモ製
ドコモマーケット:削除)ドコモ版Play+iTunes → dマーケット
電話帳コピーツール(移行用)

Google
Google+(凍結)
メッセンジャー(Google+関連)
Playムービー Google版iTunes


その他
OfficeSuite(Ofiiceファイル+pdfビューア)
友達の音楽と動画(Facebook関連)
友達のゲームとアプリケーション(Facebook関連)
定型文
ニュースと天気

SNS関連、ソニエリ製の余計なツール、ドコモ関係サービスをakdroid氏のサイト
http://arkdroid.info/008/
を参考にTitanium Buckupで削除した。
消したのは以下の通り。

AmbientTime LiveWallpaper 1.0.0
Android ライブ壁紙 2.3.4
APPNAVI 1.0.4
docomo 1.2.0
Facebook 1.6.2-rc2
Facebook CalenderSync 2.0.A.0.4
Facebook extension 2.0.13
Facebook Notification Publisher 1.0
Facebook Post Viewer 1.0.A.0.3
Facebookの設定 2.0.A.0.2
Google PLay Movie 1.4.9
Google+ 2.4.1.271037
Google歌詞プラグイン 3.0.A.1.2
LiveWareマネージャ 2.2.7
mixi Timescape 3.0.5
Music Likes 2.0.A.0.3
OfficeSuite 1.5.341
Play on Device 1.0
PlayNow 1.2.3
QC SEMC Service 1.0
SE Store 1.0
SEMC Facebook proxy 1.0.A.0.7
Timescape 1.0.21
Timescape ウィジェット 1.0.16
TrackID 3.41.18
Twitterプラグイン 2.0.9
Video Unlimited 1.0.3
Youtubeカラオケプラグイン 3.0.A.1.2
Youtubeプラグイン 3.0.A.1.0
アナログ時計 2.0.5(凍結)
ウィキペディアプラグイン 3.0.A.1.2
サウンドビジュアル壁紙 2.3.4
セットアップガイド 1.0
デジタル時計 2.0.6(凍結)
トーク 1.3
ニュースと天気 1.3.04
ホーム画面のヒント 1.0
マジックスモーク壁紙 2.3.4
メッセージプラグイン 2.0.7
中国語キーボード 4.1.22
友達のゲームとアプリケーション 1.0.A.0.6
友達の音楽と動画 2.0.A.0.6
取扱説明書 Downloader 1.0
天気ウィジェット 1.0
店頭用デモ 2.12.0
通話記録プラグイン 2.0.8
電話帳コピーツール 1.1.0
イベントストリームエンジン 2.0.14
ソニーミュージックアプリ 1.1.0
ドコモマーケット 1.0.4

Titanium Buckupのリストの中で、用途が分からずに調べたのは以下の通り。

Twitterプラグイン・メッセージプラグイン・通話記録プラグイン・イベントストリームエンジンはTimescape関連。
Music LikesはFaceBook関連。

Google歌詞プラグイン・Youtubeカラオケプラグイン・Youtubeプラグイン・ウィキペディアプラグインは標準のミュージックアプリ用のプラグイン(Youtubeプラグインは他3つとバージョン番号の振り方が同じであるため)。
ミュージックアプリを置き換えようとしたが、音楽再生にはMeridianを使ってるが、何となく完成度が低そうなアプリなので残した。
QC SEMC Serviceはよく分からなかったが、消しても問題ないとのことなので削除。

ここまでで約15M削減。
合わせて約33Mの削減であるが、最初の空き容量が300M程度であるため、だいぶ違う。
操作も、Offline Browserも3G回線時にダウンロードできるようになり、標準ブラウザも「ネットワークに接続していません」メッセージが消えたため、普通に使えるようになった。

ついでにOfficeSuiteはTitanium Buckupでアンインストール後、Google Playからインストールしなおせば、アプリをSDカードに移動できた。
この環境で3ヶ月経ったが、特に問題なし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。